ストレスマネジメントを高めるためのアクション集

ストレスマネジメントの低下の原因となる要素とその課題に対する対応集です。

課題一覧

個人の課題

業務の課題

組織・会社の課題

業務負荷

業務負荷を感じている可能性があります。

■ 本人が抱えている業務量が単純に多い場合

「どの業務が忙しい?」と気軽に聞いてみて、優先度の低い仕事を止めたり、他のメンバーに移管できたりするなど業務量を調整しましょう。

■ 本人が業務量というよりはプレッシャーを感じている場合

「どの業務が一番不安を抱えている?」と気軽に聞いてみましょう。 業務アウトプットの期待値調整や業務遂行のために参考になる情報共有や相談できる先輩などを紹介しましょう。

■ 本人が業務量というよりはコミュニケーションの難しさを感じている場合

「(クライアントや先輩・同僚など)誰との仕事が一番大変?」と気軽に聞いてみましょう。 必要であればクライアントや先輩・同僚に本人に状況を伝え、仕事の進め方の見直しをお願いしましょう。

業務の難易度

業務を遂行できるか不安に感じている可能性があります。

■ 業務遂行までのプロセスが不明瞭だと感じている場合

「業務を遂行する上で、不安/わからないと感じているポイントは?」と気軽に聞いてみましょう。 業務のプロセスやアウトプットの明確化を手伝ったり、期待値を再度調整したりしましょう。

■ 業務遂行のための支援が不十分と感じている場合

「業務を遂行する上で自信がないと感じるポイントは?」と気軽に聞いてみましょう。 業務遂行のために参考になる情報共有や相談できる先輩などを紹介しましょう。

■ 失敗を過度に恐れている場合

「○○さんにとってストレッチな業務をおねがいしている。失敗しても大丈夫。チャレンジできるようにサポートするよ。」と失敗への不安軽減につながるような声がけをしましょう。

技能の活用度

業務における自分自身の貢献感を感じられていない可能性があります。

■ 自身の業務がうまく業務成果や進捗につながっていない感じている場合

業務成果やタスク進捗の確認だけでなく「○○のこのアウトプットはいいね。自分なりに工夫したポイントをみんなにぜひ共有してほしい」など業務プロセスでの頑張りを褒めましょう。

■ 本人が周囲のメンバーに役に立っていないと感じている場合

「××さんがあなたの議事録がとても助かったと褒めていたよ」など周囲のポジティブな反応を本人に伝えてみましょう。

■ 本人が業務による成長感を感じられていない場合

「○○さんは一ヶ月前に比べたら格段に報連相がうまくなったね」など短期スパンでの成長を感じたポイントを伝えてみましょう。

職場環境

ワーク環境にストレスを感じている可能性があります。

■ 何にストレスを感じているかわからない場合

どのような業務シーンでストレスを感じるのかを聞き、「たしかにオンライン会議つづくと疲れるよね」「そんな大変さがあったんだ、知らなかった」と共感をしてみましょう。

■本人のストレスを感じている原因をなくすことが難しい場合

「××さんも同じように悩んでたよ。こういうふうに工夫しているらしいよ」と同じ悩みを抱えているのメンバーを紹介し、その創意工夫ポイントを共有しましょう。

仕事が自分に合っているか

業務遂行が本人にとって困難で力不足である、もしくは簡単で物足りないと感じている可能性があります。

■ 優秀な先輩との比較で力不足を感じている場合

優秀な先輩の昔の失敗談や悩みを共有しつつ、「先輩が同じような悩みを抱えてたとき、どのように乗り越えたのか聞いてみよう」と問いかけてみましょう。

■ 周囲と本人との仕事の進め方の違いから仕事にむいてないと自信を失っている場合

「○○さんは××さんの仕事の進め方も参考になるかもしれないよ」と本人と似た仕事の進め方の先輩を紹介し、その先輩に相談してみるように促してみましょう。

■ 本人が今の業務を簡単で物足りないと感じている場合

「当初の期待値を十分に上回っていて素晴らしい」と伝えた上で、「より一段高い目標を設定するとしたら?」「○○さんの仕事ぶりを周囲の人ができるようになるためには?」と問いかけることで、より難易度の高い目標を引き出してみましょう。

上司・同僚からのサポート

過去の業務シーンにおいて納得できない出来事があった可能性があります。

■本人がどの場面でストレスを感じたのかわからない場合

「今後うまくサポートできるようになるために、過去にこういうしてくれたらもっと助かったと思うことを教えてほしい」と率直に聞いてみましょう。

■本人がどの場面でストレスを感じたの思い当たりがある場合

その場面でどのように感じていたのかを聞き、「うまく気づけず申し訳なかった」と謝った上で「今後同じような場面にどうしたらうまく気づいてサポートできるかな?」と問いかけることで、本人が相談しやすい相談方法を具体的に決めましょう。

仕事のコントロール

業務の進め方において自分でコントロールできないというストレスを感じている可能性があります。

■ 業務において自分の意見が反映されないと感じている場合

「このプロジェクトをもっとよくするには?」という本人なりの改善ポイントを定期的に聞いてみるようにしましょう。

■特定の相手に対してコミュニケーションの難しさやプレッシャーを感じている場合

「(クライアントや先輩・同僚など)誰との仕事が一番大変?」と気軽に聞いてみましょう。 必要であればクライアントや先輩・同僚に本人に状況を伝え、仕事の進め方の見直しをお願いしましょう。

■ 仕事の納期や周囲からの業務依頼で追われている場合

「週2時間はお客さんの声を収集しインサイトを探ってみよう」のように個人で完結する業務(情報収集やスキル向上、業務改善)を一緒に設定し、作業時間をブロックするなどの業務調整サポートしてあげましょう。

プライベート

業務外の出来事によりストレスを感じている可能性があります。

■ 業務に影響がでている場合 状況によって優先度の低い仕事を止めたり、他のメンバーに移管できたりするなど業務量を調整しましょう。